カテゴリー:自動車事故解決

  • 電気自動車利用者が告発した事象

    2010年の12月に発売された電気自動車リーフは5年で10万km使用しても大丈夫と公言し、性能の80%を確保することができるといわれていましたが、実際には3~4万km走っただけでバッテリーが急速に劣化し、2015年にはす…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自動車事故のときに覚えるポイント

    自動車事故を起こしてしまった場合には普段冷静な方でも冷静では居られなくなってしまうという方は非常に多いということです。 ケガ人がいたら救急車を呼ぶ、警察を呼ぶ、また当事者との連絡先、住所、名前、携帯の番号はほとんどの方…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • なぜ交通事故の被害者は弁護士に相談したほうが良いのか

    全ての場合に弁護士さんに相談すればよいといったことではなく、物損だけの場合や、とても程度の軽い怪我などの場合には弁護士費用が高くなってしまう場合が有ります。 損害の等級が上がってくるほど弁護士に依頼したほうがとくと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 労働基準監督官の仕事と権限

    岐阜労働基準監督署は、外国人技能実習生に違法な長時間労働をさせたなどをして会社社長とコンサルタントの男を最低賃金法と労働基準法の違反容疑で逮捕しました。 容疑者の2人は技能実習生の帳簿の改ざん、労働基準監督署の立ち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 油圧ブレーキの構造について

    ブレーキの利かない車は大変危険ということでこちらでは油圧ブレーキの構造について解説されています。 油圧ブレーキはパスカルの原理を使用しており、パスカルの原理とはある一点に受けた圧力をそのままの強さで流体の岡野全ての…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 交通事故の加害者が未成年だったら?

    もし交通事故に遭ってしまった場合に、加害者が未成年だったらどうしますか? いったい誰に損害賠償の請求を行えばいいのか、そもそも損害賠償を請求できるのかという疑問に答えています。 未成年者には支払い能力がないため、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 交通事故の裁判に参加できる?

    もし交通事故に巻き込まれてしまった場合に、事故の大きさによっては裁判が行われることもありますが、被害者は加害者の刑事裁判に参加できるかどうか、参加して何ができるのかを紹介いたします。 以前は、加害者対国という構図で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自動車が線路を走ったら犯罪になるか

    自動車が線路内をはしっているという事例がありました。男性の吐く息には基準値以上のアルコールが検出されたということです。線路内は道路交通法の飲酒運転を適用することができません。道路交通法は道路における安全や円滑な進行を守る…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 原付は自動車に分類されるのか

    弁護士費用等特約については自動車事故について使えますと記載されているようです。そこで原付は自動車は車の中には分類されるが、原付は自動車としては分類されていないから弁護士費用等特約は聞かないのではないかという疑問が寄せられ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 交通事故の裁判は有利?

    交通事故にあった時、全てのパターンではありませんが、示談にするよりも裁判にした方が有利になることが多いです。 裁判では「基本的人権の尊重」が重視されるため、被害者が有利になれることが多く、更に裁判で判決が決まった時に「…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る