交通事故の裁判に参加できる?

もし交通事故に巻き込まれてしまった場合に、事故の大きさによっては裁判が行われることもありますが、被害者は加害者の刑事裁判に参加できるかどうか、参加して何ができるのかを紹介いたします。

以前は、加害者対国という構図で裁判が行われていましたが、2008年からは刑事裁判でも被害者参加制度というものが始められており、自動車の事故に関する裁判に被害者やその家族が参加することができるようになりました。

参加する場合には、検察官の隣に座って意見を言ったり、加害者から説明を求めることもできますが、自分が参加するのは難しいという場合には弁護士に依頼することもできますよ。

こういった制度を有効的に活用して、自動車事故に関する様々なことを解決してしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る