交通事故の加害者が未成年だったら?

もし交通事故に遭ってしまった場合に、加害者が未成年だったらどうしますか?
いったい誰に損害賠償の請求を行えばいいのか、そもそも損害賠償を請求できるのかという疑問に答えています。

未成年者には支払い能力がないため、賠償されないことが考えられますので、そんな時に泣き寝入りするのではなく、誰に損害賠償の請求を行えば良いのか理解して対応するようにしましょう。

民法に責任能力などについて記載されており、未成年者に責任能力が無い場合には、監督する親が損害の賠償を行う責任があるのです。

子どもに責任能力があると判断されても、支払い能力が無い場合には親の監督責任が問われますが、判例によって判断は様々で、親の関与の度合いやケースによってことなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る