油圧ブレーキの構造について

ブレーキの利かない車は大変危険ということでこちらでは油圧ブレーキの構造について解説されています。

油圧ブレーキはパスカルの原理を使用しており、パスカルの原理とはある一点に受けた圧力をそのままの強さで流体の岡野全ての部分に伝える流体力学における基本原理となっています。

一方のピストンに押し下げるように力を加えますともう一方のピストンに足上げられるような力が発生します。水がピストンを押す力と面積の比はピストンにおいて正しくなります。
ブレーキオイルは発熱や水分によって劣化してしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る