交通事故の裁判は有利?

交通事故にあった時、全てのパターンではありませんが、示談にするよりも裁判にした方が有利になることが多いです。
裁判では「基本的人権の尊重」が重視されるため、被害者が有利になれることが多く、更に裁判で判決が決まった時に「遅延損害金」という請求が可能になります。

遅延損害金とは、損害賠償の請求権が発生した事故時から年5%の遅延損害金が請求できること、つまり利息のようなものです。
また、過失の割合についても、当人の話し合いだけでは中々決められることが出来ないため、裁判所にはっきりと決めてもらえると言う利点もあります。

では、裁判をするかどうかはどう決めれば良いかというと、まず弁護士に相談してからゆっくり決めていくことになります。
特に被害者の場合は情報が足りない、つまり裁判をしていい状況か判断しにくいため、まずは保険会社と相談して納得の行く結果になれば裁判を起こす必要もありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る