グーグル社開発の自動車事故の事例

2016年2月14日アメリカのグーグル社が開発中の自動運転者がカリフォルニア州の公道での走行実験中に場バスとの軽い接触事故を押したことでグーグル側に過失があるはじめての事故になりました。

道路交通法では運転者にはハンドルやブレーキなどの装置を確実に操作するなどの義務があり、人に危害を与えるような運転をしてはいけないという法律があります。

道路運送車両法では自動車は、操縦装置や、制動装置などが国土交通省令で定めている基準に合致していなければうんこうしてはいけないと定めています。
自動車事故を起こした場合には運行供用者に損害賠償責任を負わせています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る