自動車のひき逃げでの罪

自動車での人をひき逃げしてしまった場合には自動車運転過失致死と危険運転致死罪となることが多いです。しかし、こちらの動画での事件では公務執行妨害と殺人未遂となっています。

殺人未遂が成立するのは故意であるのか過失であるかが問題になってきます。
未必の故意とはある行為が犯罪の被害を有無かもしれないと予測しながらそれでもかまわないと考えあえてその行為を行う心理状態のことをいいます。

職務質問を受けたことによってそれに対し暴行をしたことによる公務執行妨害はかせられることは濃厚のようですが恐らくは殺害をしてもかまわないという心理状態ではなかったとおもわれるので、殺人未遂はないだろうとの見解のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る