自動車が線路を走ってら犯罪か

線路では道路交通法の飲酒運転を適用することはできず道路交通法は道路における安全や円滑な進行等守るための法律となっています。

酒酔い運転はアルコールを飲んでしまったことによって普通に運転をすることができない運転となっており、5年以下の懲役または100万円以下の罰金となってしまいます。

酒気帯び運転とは正常な運転が出来たとしても基準値以上のアルコールを帯びて運転をすることであり、これは3年以下の懲役、または50万円以下の罰金となります。
考えられる法律違反としては第125条の従来運転、126条汽車転覆及び同致死、234条の威力業務妨害などが考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る