原付は自動車に分類されるのか

弁護士費用等特約については自動車事故について使えますと記載されているようです。そこで原付は自動車は車の中には分類されるが、原付は自動車としては分類されていないから弁護士費用等特約は聞かないのではないかという疑問が寄せられているようです。

管理人が保険会社に電話して調べたことによりますとこれは実態上の定義となり、教習所の教本は恐らく管轄で書いてあると予想しています原付は市区町村管轄であり、250CC以上のバイクは国交省管轄となります。

しかし、仮に原付で人とぶつかったといった場合には自動車事故として扱いますので250CC以下でも自動車という扱いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る