軽自動車の排気量が660ccになったことについて

軽自動車の排気量は660CCですが、なぜ660CCという中途半端な数字であるのかといいますと1990年から安全性能を車に求める声が大きくあり、車両サイズのアップにより、重量が増しました。

このため車両の性能アップも必要であるのですが、結局のところ20%アップ+10%のエンジン基本性能改善となったようです。
もともと軽自動車の排気量は550CCが14年間続いていましたが、20%の排気量アップを図ったために550%の20%増量で660CCになったといわれています。

今後軽自動車は800CC程度に大型化したほうが燃費がよくなると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る