自分を占う時の注意点

占いの勉強を進めていくと、まずは自分で自分のことを占って練習しようと思うことがあると思います。
自分を占うこと自体はもちろん問題ありませんが、少し注意したい点をご紹介したいと思います。

それは自分を占うと精度が低くなりがちという点です。
自分を占うというのは自分のことは自分が分かっているということもあって一見簡単そうに思えるかもしれませんが、実はかなり難易度が高いものと言われています。
なぜかというと、自分を占うというのはどうしても自分の都合の良い解釈をしてしまうというような心理的なものが影響してくるためです。
自分を完全に客観的に見るということができればほぼ問題ないですが、結局自分の「こうだったらいいな」という気持ちが占い結果にも出てきてしまうんですね。
そうすると正確な占いができていると言えませんので、精度が低くなってしまうと言われています。

こういうこともあり、実はプロの占い師でも自分のことを占うという方はほぼいません。
ちょっとしたことを練習として占うのならいいですが、何度も自分を占いすぎるのはやめて、知人や家族を占うなど、他人を占うのをメインに練習していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る